看護師が職場で感じるストレスと解決策を辞める前に考える

看護師が職場で感じるストレスと解決策を辞める前に考える

看護師の職場でのストレスと解決策

看護師の仕事はどうしてもストレスの多いもの。色々と我慢して身を削って日々業務に追われている人がほとんどかと思いますし、そのせいで色々と悩んだり不安になったりしてしまっている人も多いです。今回は、そんなストレスを感じてしまうことに対しての解決方法を辞める前に確認するために以下まとめてみましたので、参考にしてみてください。

 

ナースのストレスの主な要因

人間関係が原因のパワハラ・モラハラ・セクハラ

職場の人間関係にまつわるストレスが一番多いのが看護師職の特徴でもあります。男性看護師が増えたとはいえ、まだまだ女性の主な主戦場でもある看護師職では、「仲間内での悪口・陰口」「妬み嫉み」「力関係やお局様」のような業務とは関わりのない部分での気疲れや消耗がある職場も多く、こういったことが原因で悩んでしまう人も多いのも事実です。(※そうではない職場もあります)

 

また、助産師さんやドクターをはじめ看護師以外で関わりがある部分でもパワハラであったりセクハラ等の悩みも場合によってはあるのもストレスの一員になっています。立場や仕事上、あくまで医療行為や決定をサポートする側にある看護師は、医者(先生)の性格や態度によってこういったストレスを多く感じてしまうケースがよくあります。

人間関係をストレスに感じてしまう場合の解決策

  • 異動や転科の相談をする
  • 転職をする
  • 現状の職場から離れることが「解決策」という当たり前の話になってしまっていますが、人間関係においては

    ・相手を性格的に変えることは不可能
    ・関係性を良くしようと歩み寄るのはコチラから
    ・相性が悪いものを良くしようとすること自体が無理

    ということに尽きます。相手を変えることが不可能=自分が変わるしかないという状況において、我慢を重ねて自分を変えるのであるならば、よりよい職場をなんとか見つけ出しストレスフリーで働いた方がいいのは言うまでもありません。我慢を続けて精神的に病んでしまう人、しばらく働けなくなってしまう人なんていうのはザラです。そうならないためにも見切ることも大切です。

     

    夜勤等の体力的なものや寝れないというストレス

    看護師が大変な理由のひとつとしてあげられるのが「夜勤」の存在でしょう。夜勤中の休憩2時間そこそこの間に"仮眠"といっても、精神が高ぶっている状態で休むということ自体が無理な話です。ナースコールを押されて自分の受け持ちの患者さんだったらどうしよう。とか、状態が不安定な患者さんが気になってしかたない。などの寝れない要因はいくらでもありますが、休憩時間は夜勤の拘束時間16時間程度のうち数時間のみという勤務環境です。

     

    そもそも人間は、太陽が出ている間に活動し日が沈めば寝る生き物です。その時間に起きて仕事をしていることにストレスを感じ、夜勤をやりたくないと思う人も少なくありません。寝れないことがストレスにもなりますし、十分に休めなかったことに対しても夜勤を辞めたくなる人も多いでしょう。

    夜勤がストレスに感じている場合の解決策

  • 外来やクリニックへの転職
  • 夜勤は夜勤でも楽な勤務が可能なところへ移る
  • 日中働き、夜は寝るという本来の人間らしい生活をしたいという場合、夜勤業務のない仕事を探した方がいいのも事実です。

    ・夜勤のある病棟勤務ではまず実現不可能
    ・派遣の夜勤の仕事が1回4万円前後=夜勤をやりたくないと思っている人が多い

    という構造的な問題も明らかです。結婚後や子供のことを考えたら、夜勤のない働き方を選ぶ人が多いですし、今のうちからそういった働き方を考えておくのも選択肢としていいのかなと思います。

     

    生活リズムの乱れによる肌荒れ・吹き出物

    看護師の夜勤業務にリンクする話でもありますが、本来寝ているハズの時間に起きて活動している以上、体に影響が全くないわけではないでしょう。もちろん体質や慣れ等の問題もあるかもしれませんが、夜食を取ったり生活リズムが崩れてしまうことからの影響はゼロではないはずです。

     

    そもそも、肌荒れや吹き出物が出てしまう原因は、成長ホルモンのバランスが崩れていることが原因とされています。通常、成長ホルモンは就寝後数時間の間に分泌されるものですが、夜勤日勤を繰り返すうちにその分泌周期やバランスが崩れてしまっていうことに由来します。また、食事自体に鉄分・ビタミン不足であったりバランスが悪くてもこういった肌荒れや吹き出物の原因にもなります。

    生活リズムや肌荒れ・吹き出物の解決策

  • 睡眠の質を良くする(寝る前の食事× 寝る前のスマホ×)
  • ビタミン・鉄分を取る
  • 夜勤時はドカ食い&偏りのある食事は避ける
  • 化粧をしたまま寝ない
  • 肌の保湿やケアを怠らない
  • こういった部分のケアをしていくことも大切ですが、一番は働き方を見直すということも大切です。

    ・日勤夜勤の組み合わせから生活リズムを一定にするのは難しい
    ・仮眠をしっかりとる!ということ自体の非現実さ

    看護師の病棟勤務という花形の仕事上、夜勤に伴う生活のリズムの崩れは仕方のないことではありますが、その中でも気をつけてお肌のケアや注意を払っていくことも大切でしょう。

     

    解決方法としての「手っ取り早く転職」の前に

    看護師さんのストレスについてと解決策をご紹介させて頂きましたが、結局「転職」しかないのか...。と進めるのは簡単ですが、100%転職を進めるわけではありません。今のご自身に置かれている立場や職場の事情もあるでしょうし、転職以前に問題の根本を解決できる線があるかもしれないからです。

     

    個別の事情に対し、無責任に転職を進めるつもりもありませんし、現状を見つめる良い機会と思って考えてみることが何よりも大切です。

     

    職場のストレスを根本考える

    ・人間関係によるストレスなのか
    ・体力的な問題によるストレスなのか
    ・自分の問題からくるストレスなのか

    こういったことを俯瞰的に改めて見つめることはとても大切です。自分のことなので、自分が一番よくわかっていると思いがちですがストレスの根本が曖昧になってしまっていて「ただ辞めたい」「ただ辛い」という状態に陥りがちなのが人間です。まずはどの部分が一番のストレスになっているのかを確認することが大切です。

     

    辞める前に改善できるものなのかどうかの確認

    ストレスの根本がわかったところで、それが解決可能かどうか?というのを確認してみましょう。人間関係において、相手を変えることは不可能と冒頭でも紹介させて頂きましたが、自分がその相手に対してアプローチを変えることで問題がよくなるかどうか?または、体力的なストレスについてもあとどれ位まで許容できるのか?というのを確認することも大切です。ただ単に我慢し続けると病んでしまったり精神的にダメになってしまうこともあるので、我慢できる範囲というのをあらかじめ区切っておくことも大切です。

    ・解決とまではいかなくても改善できるかどうか
    ・我慢できる許容範囲を線引きする

     

    看護師資格職の強みと自己実現

    看護師は離職も多いですが、復職も多い特殊な職業です。結婚・出産・子育てと女性にとっては大きなイベント時には無理せずに仕事を離れる人も多いですし、仕事が大変すぎていったんお休み期間をとって離れる人もいます。実際離れる人も多いですが、資格職の強みを生かして戻ってくる人も多いのも事実です。

     

    資格を持っている人でなければつけないというそもそもの制約のおかげと仕事が大変な部分も手伝って収入も多いの魅力のひとつ。今仕事を離れて違う場所にいったとしても、今までの経験と次の職場での経験は、後々自分を助けることにもなり得ますし、復帰も可能です。

     

    仕事とプライベートのバランスを見て、自分が「こういうように仕事がしたい」「ああいう風にプライベートも大切にしたい」というものを考えつつ、仕事や働き方について改めて考えていくことが大切です。今すべてを我慢し背負うのではなく、今全力で「働き方やプライベート」について真剣に動いていくべきでしょう。個別の事情や環境という問題もありますが、まずは自分のキャリアや働き方についてお悩みでしたら、一度キャリアカウンセラー等に相談してみるのもひとつの手です。

    看護師のキャリアと働き方を相談する

     

    お勧めの転職サイト

    看護のお仕事

    看護のお仕事
    対応エリア 全国
    求人数 約128000件
    対応職種 一般+大学病院・一般+療養・療養型病院・精神病院・クリニック・訪問看護・介護施設・企業・保健師・警察・献血・学校・保育園・健診センター・治験コーディネーター
    電話対応時間 年中無休
    おすすめ度 ★★★★★

    公式ページ

    ナースではたらこ

    ナースではたらこ

    対応エリア 全国
    求人数 約108000件
    対応職種 一般+大学病院・一般+療養・療養型病院・精神病院・クリニック・訪問看護・介護施設・企業・保健師・警察・献血・学校・保育園・健診センター・治験コーディネーター
    電話対応時間 10:00〜20:00
    おすすめ度 ★★★★

    公式ページ

    マイナビ看護師

    マイナビ看護師

    対応エリア 全国
    求人数 約30000件以上(非公開求人が半数を占める)
    対応職種 一般+大学病院・療養病院・療養型病院・精神病院・クリニック・訪問看護・介護施設・健診センター・保育園・学校
    電話対応時間 平日9:30〜20:30 土曜9:30〜17:30
    おすすめ度 ★★★★

    公式ページ

    このエントリーをはてなブックマークに追加 

    関連ページ

    看護師の職場での人間関係のお悩みは大いに転職理由になる
    看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
    看護師の働き方についてのお悩みのランキングと個別の対処・解決方法
    看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
    職場が合わないと思った看護師さんは働き方を変えてみよう
    看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
    看護師さん家庭での問題や悩みと働いているからこそ大変な部分
    看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
    看護師の結婚後は病棟や常勤で働けない?!負担の多い職場と働き方について
    看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
    看護師の働く意味を考えてしまう時に考えたい自分の働き方
    看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
    本当に辛い看護師の体験談と仕事と向き合うための整理とマインド
    看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう