看護師の働き方

シングルマザーの看護師としての働き方と取り組み方

シングルマザーといっても今日本では4組に1組離婚する時代。さらに世界でみたらもっと離婚しているカップルは多いのが実状です。決して珍しいものではないシングルマザーですが、看護師という資格職を生かして子供と一緒に生活する上で、しっかりと考えておかないといけないものがありますので、確認していきましょう。

 

看護師として生活の基盤と安定を作る

女性にとっても社会的にも、資格職である看護師というのは魅力的な仕事になります。お給料も良く、女性が活躍できる職場であり、働き方によっては家庭との両立も可能な職業です。そんな看護師職ですが、ママになったのなら家庭と仕事についてしっかりと考える必要があるのは言うまでもありません。まずは、生活の基盤を作り安定させるためにも以下を確認しましょう。

 

シングルマザー看護師のお金の話と主な公的補助制度

児童手当

0歳以上〜中学卒業までの児童が対象となる公的な手当。
3歳未満:10,000円/月
3歳以上:第1子、第2子 5,000円/月、第3子以降 10,000円/月

 

児童扶養手当

父親または母親一方のいわゆるシングルマザー、シングルファーザー家庭に対して地方自治体から支給される手当。所得に応じて金額は異なる場合はあるものの基本額はコチラ。
子供1人:41,720円/月
子供2人:46,720円/月
子供3人:49,720円/月
※所得額が制限を超えてしまう場合は支給対象外となってしまいます。

 

児童育成手当

18歳まで(18歳になった最初の3月31日まで)の児童を扶養するひとり親家庭が対象で、児童1人につき月額13,500円が支給される制度。※所得制限あり

 

子育てに掛かるお金

子供の教育に関するお金についてのシュミレーション

幼稚園2年間

公立

約64万

私立

約147万

小学校

公立

約308万

中学校

公立

約229万

私立

約525万

高校

公立

約250万

私立

約480万

大学

国立

約495万

私立文系

約600万

私立理系

約720万

 

生活に必要なお金を計算してみる

補助金や制度各種、子育てに掛かるざっくりとしたお金のイメージはついたかと思いますが、次は実際に電卓を弾いて詳しく見ていきましょう。

お金の使い道の確認

  • 住居費
  • 食費
  • 水道光熱費
  • 保険
  • 携帯通信費
  • 雑費(ママお小遣い)
  • 希望貯金額(月々)

これらをざっくりとした金額で構わないので、一旦計算してみましょう。どれくらい月々の生活費が掛かっているのか?を確認するいい機会になります。ざっくりと計算しておけば、看護師職のお給料の目安や、転職する際の判断基準になります。

 

一番やってはいけないのは、どんぶり勘定です。どんぶり勘定をやっていいのは王様か大富豪くらいの話です。お子さんと一緒にしっかりと歩んでいくのであればシビアに計算していきましょう。その中でどの部分(例えば教育にかけるお金、身体を作る食費は削りたくない、、などなど)に重きを置き、お金を使っていくのか?も合わせて確認していきましょう。

 

 

ママさんナースの働き方

ママさん看護師にとって、家庭と仕事の両立というのはどうしても付きまとう課題でもあり、目標でもあります。その難しい部分についてもしっかりと確認しておく必要があるかと思いますので、働き方についてもチェックしていきましょう。

 

お金もしっかり福利厚生もしっかりで稼ぐ

給料も良く、福利厚生その他の制度もしっかりとしているというとやはり、大きな病院や大学病院という選択にもなります。ただし、それは一長一短で仕事も忙しい傾向にあるのも事実です。(※もちろん職場や病院にもよります)

 

ママさんナースに理解のある職場なら別ですが、大学病院なんかは業務外の「委員会や勉強会」等に時間を割かれるケースもありますので、注意しておきましょう。ただ、こういった大きい病院というのは近年、保育施設等も院内で運営していることもあるので、そういったところを狙って転職するのもありでしょう。

保育施設のある病院を検索&求人を確認

 

 

家庭で過ごす時間を確保したい

拘束時間も短く、なるべく提示でスパッと帰宅したいというママさんには、外来業務での仕事がベストでしょう。病院やクリニックではママさんナースもいっぱいいますし、理解のある職場も多いのが特徴です。お給料的には夜勤が無い分下がりますが、子供が小さく過ごす時間が限られているため大切にしたい思う方は外来業務での働き方を選択するのがいいでしょう。

外来業務での求人を探してみる

 

 

看護師としてのキャリアもしっかり積みたい

ママさん看護師とはいえ、自分の将来の看護師のキャリアというのもしっかり考えたいという人は、各職場のメリット・デメリットをまとめてみましたので、下記参考にしてみてください。

看護師としてのキャリアを考える

  • 大学病院でのキャリア:先端医療、総合医療現場としての多様なキャリア形成が可能な総合病院勤務は、がっつりと看護業務を学びたいという人におすすめの就業先となります。
  • 診療所・クリニックでのキャリア:自宅の近所での勤務、看護師としての仕事と家庭の両立を考えるなら選択肢として考えたい診療所・クリニックでの業務。それぞれの職場の雰囲気やルールといったものが異なりますが、両立を考えるなら探してみるのもGOOD
  • 療養看護でのキャリア:ターミナル期や自宅療養、老人ホーム等で患者さんと距離を近く感じながら看護業務に取り組みたい。"看護"のあるべき姿を考えているという方は、選択肢として考えてみるのもいいでしょう。
  • 企業・産業看護師でのキャリア:会社員としてその企業で働きたいという方。一般的な看護師としてではなく、その企業で働く人のサポートをしてみたいという人、一般的なOLのような生活がしたいという方は頭に入れておきたい働き方のひとつになります。
  • 訪問看護でのキャリア:人対人の看護という意味では、より看護師としてのホスピタリティが大切な業務。訪問する大変さはありますが、より患者さんのためやその家族のために仕事ができるという意味で今後重要性が増すとされている業態になります。
  • パートタイム、派遣看護師としてのキャリア:出産、育児期に重宝するのがパート、アルバイトでの働き方になります。子供があっという間に育つ間、家庭の方も大切にしたいという人は、こういった働き方を有効活用しながら働いていくのはとても大切なことです。

 

ママさん看護師のポテンシャル

看護資格を取ったあと看護職を離れてしまう人が多いのも看護師業界の特徴でもあります。万年看護師不足を叫ぶ世の中になっていますが、仕事を離れてしまう人も多いのも事実です。

 

男性看護師もひと昔前に比べれば大分増えてきましたが、それでも女性が中心の職場。女性が活躍する職種でもあるわけです。離れてしまう人が多いこの業界と世の中の流れもあって、大きな病院やクリニックでも働く女性を支援する仕組みを徐々に整備しているのも事実です。

ママさんナースが確認したい制度・施設

  • 保育施設の併設
  • 時短勤務制度
  • 育児休暇制度の積極利用

などなど

 

病院によっても様々ではありますが、ママさん看護師として働くパワフルな女性を支援する輪も実際広がっています。仕事と家庭を両立するのは並大抵のことではないのはママさんナースならよくお分かりのハズ。

 

こういった制度や病院の取り組みをうまく利用して働くことを考えてみましょう。しっかりと制度や国に頼って家庭もしっかりと両立できるように"今"看護師としての働き方うぃ考える必要があるでしょう。

 

各種待遇、条件を実際の求人から見てみる

看護のお仕事

看護のお仕事
対応エリア 全国
求人数 約128000件
対応職種 一般+大学病院・一般+療養・療養型病院・精神病院・クリニック・訪問看護・介護施設・企業・保健師・警察・献血・学校・保育園・健診センター・治験コーディネーター
電話対応時間 年中無休
おすすめ度 ★★★★★

公式ページ

ナースではたらこ

ナースではたらこ

対応エリア 全国
求人数 約108000件
対応職種 一般+大学病院・一般+療養・療養型病院・精神病院・クリニック・訪問看護・介護施設・企業・保健師・警察・献血・学校・保育園・健診センター・治験コーディネーター
電話対応時間 10:00〜20:00
おすすめ度 ★★★★

公式ページ

マイナビ看護師

マイナビ看護師

対応エリア 全国
求人数 約30000件以上(非公開求人が半数を占める)
対応職種 一般+大学病院・療養病院・療養型病院・精神病院・クリニック・訪問看護・介護施設・健診センター・保育園・学校
電話対応時間 平日9:30〜20:30 土曜9:30〜17:30
おすすめ度 ★★★★

公式ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

看護師の子育てについてのキャリア・働き方と職場の探し方
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
【実録】ママさん看護師の転職話とそれぞれの働き方について
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう