ライフスタイル別の看護師の働き方って?ストレスのない職場と納得のいく働き方

ライフスタイル別に看護師の働き方って?ストレスのない職場と納得のいく働き方

ライフスタイル別看護師の働き方

ライフスタイルに合わせた看護師としての働き方を考える

ライフスタイル

ワークライフバランスという言葉が世間で騒がれ始めている中でも、現場で働く看護師はある種の綺麗事に聞こえなくない言葉でもありまが、今後の看護師の働き方や自分の目指すライフスタイルに応じて、今後の看護師としての働き方を考えることは非常に大切なことになります。

 

特に、年齢や生活環境、地域といった個別の事情に対し、働き方の選択や適切なキャリアの形成は個人ごとに大きくことなっています。そういった個別の事情や環境に対し、さまざまな選択肢と働き方についてご紹介いたしますので、ご参考にしてみてください。

 

 

具体的な看護師のライフスタイルとライフイベント

看護師としての選択(チョイス)

これからの生活において具体的にどのようなベントがあり、どのような問題が生まれていくのか?という部分をいくつかまとめております。それぞれご自身の看護師キャリアの中で考えられるライフイベントとそれぞれ働き方のスタイルについてまとめましたので、ご参考にしてみてください。

看護師のライフイベントと働き方を考える

具体例

  • 看護師にとっての結婚
  • 非常におめでたいイベントでもあり、大きな出来事でもある「結婚」。自分のみならず、相手がいるイベントでもありますので、看護師としてのキャリアをどうするか?働き続けるのか?一旦休職するのか?などを念頭に置いて、働き方を選択する必要があります。
    結婚後の家庭も大切にしつつ、仕事も両立して頑張りたい。など、結婚を契機に自分の看護師としての働き方を見つめるチャンスでもあります。どこに優先順位を置いて仕事をするのか?あるいは、看護師としてのキャリアをどう進めていくのか?という大切な時期でもあります。

    結婚したあるいはする時に確認したい看護師の働き方

     

  • 看護師のUターン
  • 看護師になって、臨床も十分経験したが今の職場を一生続けていく自信がない。実家や地元で、経験を活かしある程度の自由の元仕事をしていきたいという方も、実際多くいます。そんな方が実際、地元や実家近くで働きたいとおもった場合、どういった条件になるのか?あるいは、どういった仕事があるのか?という部分を事前に知っておく必要があります。
    実家に帰る。あるいは地元に帰る。は結構なことですが、今まで働いていたところとの条件の差や環境については、よく吟味してUターンされるのがベストでしょう。いずれにしても、帰郷する場合においても「どう働きたいのか?」「どこで働きたいのか?」という根本的なことを考える必要は出てきます。

    都道府県別の看護師の働き方と職場環境

     

  • 看護師にとっての妊娠
  • おめでたと言っても、仕事の業務上負担が多い仕事でもある看護師ではありますが、その中でも無理をせず、出産まで働けるのかどうか?お勤め先の制度はしっかりしているか?という部分をしっかりと把握しておく必要があります。看護師にとっての妊娠は、業務上、夜勤や体力的な負担もあるため、なるべくその妊娠可能性がある段階から職場や働き方を考えておくのがベターでしょう。
    妊娠がゴールではなく、無事出産まで自分自身をケアしきれるのか?という視点で、今後の看護師としての働き方や職場を考え抜いて決定していくという中期的なスパンを考えておくのが非常に大切なことです。

    妊娠をする前あるいは発覚した時に確認しておきたい看護師さんの働き方

     

  • 看護師にとっての出産
  • ようやく無事に出産したとなったら、次は育児が待っています。もちろん女性だけが全面的に負担することではありませんが、看護業務との両立はいくらスーパーママさんナースでも大変な部分になります。家族との時間も大切にしつつ、仕事ができる環境あるいはママさんナースとしての働き方を考えておくべきでしょう。

    看護師の子育てについてのキャリア・働き方と職場の探し方

     

  • 看護師にとっての離婚
  • 世の中結婚してもうまく行かないことなんて今やもはや普通。自分の人生をこれからどう生きるか?というのは今後においても非常に大切なことです。特に看護師は、キャリアを考える上で非常に色々な道があるため、働く女性としてもキャリアステップを考えておくのもとても必要なことになります。

    看護師のキャリアを考えて働き方を選ぶ

    シングルマザーの看護師として働く

 

 

 

看護師のライフスタイルと働き方を考える

ライフスタイル

  • 日払い・単発で看護師として働く
  • 自分のプライベートを優先して働きたいという方の場合は、アルバイトや派遣という形で仕事をすることも可能です。また、未就学児を抱えたママさんナースが本格復帰まで、こういった働き方で体を慣らし復帰していくというケースも多くなっています。日払いや派遣の仕事の場合、自分の働きたい時に働くことが可能なため、自分の好きなタイミングで働きたい方には最適な仕事の仕方になります。

    日払い・単発のお仕事で看護師の働き方を考える【まとめ】

     

  • シフト制の非常勤の看護師
  • 単発というよりカジュアルに非常勤として安定して働きたい。なるべく家の近くで週〇出勤というような形で働きたいといったママさんナースはこういった働き方がおすすめです。本格復帰するまではまだ無理!でも子供を預けた間は働けるので、家計の足しに働きに出たいという人や、親の介護もあるし、そんなにがっつりとは仕事できないけど安定は欲しいという方に多い働き方です。

    シフトに融通が効く自由な環境で働く看護師の働き方

     

  • なるべく高給な職場の看護師
  • とにかく効率的に仕事をして稼ぎたいという方については、夜勤の仕事や高時給の環境で働くことも可能です。一時的にお金を稼いで、目標のために頑張りたいという場合は、夜勤のお仕事など、引く手あまたではありますので、高時給で頑張ることも選択肢としてはありでしょう。

    看護師として高時給でガッツリと働く働き方とおすすめの職場【まとめ】

     

  • 掛け持ち・ダブルワークで看護師
  • 看護師としてのキャリアと経験を活かしつつ、ダブルワークをして仕事をしたい方

    掛け持ち&ダブルワークでの看護師の働き方とポイント【まとめ】

 

 

自分が望む働き方を考えてみて看護師としてのキャリアを選択する

看護師としての選択肢を考える

ライフイベントからの視点と合わせて考えておくべき事柄が、看護師としての「キャリア」についてになります。自分が将来どのようになりたいのか?あるいは、看護師としてどういった仕事がしたいのか?という部分は、ライフイベントとは別軸で、根本として考えておくべき事柄になります。

 

看護師といっても色々な働き方が存在していますし、業務内容も職場によってさまざまです。また、ライフイベントとも密接に関係しているため、休職や復職も見据えて「看護師としてのキャリア」を考える必要も場合によっては出てきます。今働いている職場や環境のメリット、デメリット等をを総合的に判断し、また今後の自分は「何」をしたいのか?という部分を掘り下げて考えることは非常に大切なことです。将来的な希望や目標に合わせてそれぞれ働き方を見つめてみましょう。

 

看護師としての働く場所「キャリア」を考える

看護師の働くキャリア

  • 大学病院でのキャリア
  • 先端医療、総合医療現場としての多様なキャリア形成が可能な総合病院勤務は、がっつりと看護業務を学びたいという人におすすめの就業先となります。専門性を高めたいという方や臨床の現場でバリバリ働きたいという方は、大学病院で看護師のキャリアを積むのが良いでしょう。それぞれのメリットデメリットは、こちらで紹介しています。

    大学病院での看護師キャリア

     

  • 診療所・クリニックでのキャリア
  • 自宅の近所での勤務、看護師としての仕事と家庭の両立を考えるなら選択肢として考えたい診療所・クリニックでの業務。フルタイムでがっつりお金を稼ぐというより、仕事もプライベートもバランスを取りながら仕事をしたいという方におすすめのキャリアです。クリニックや診療所によってそれぞれの職場の雰囲気やルールといったものが異なりますが、両立を考えるなら探してみるのもGOODです。

    クリニック・診療所での看護師のキャリア

     

  • 療養看護でキャリア
  • 積極的な医療行為としての看護ではなく、ターミナル期の患者さんに対して丁寧な看護をしたいという方や自宅療養、老人ホーム等で患者さんと距離を近くに感じながら看護業務に取り組みたいと感じている方にはお勧めの働き方です。"看護"のあるべき姿を考えているという方は、選択肢として考えてみるのもいいでしょう。

    療養施設での看護師のキャリア

     

  • 企業・産業看護師でのキャリア
  • 企業や産業組織に勤務しながら働く人をサポートする仕事に興味のある方はおすすめの職場です。看護師ではあるけれども会社員としてその企業で働きたいという方。一般的な看護師としてというよりも企業で働く人のサポートをしてみたいという人、一般的なOLのような生活がしたいという方は頭に入れておきたい働き方のひとつになります。

    企業・産業看護師としてのキャリア

     

  • 訪問看護でのキャリア
  • 将来の日本の医療としても注目される「訪問看護」の分野。自宅で看護が必要な人向けに、より細かな対応や看護師としてのホスピタリティをもって仕事ができる働き方になります。対応地域や網羅する範囲によって大変さや時間的拘束の違いはありますが、より患者さんのためやその家族のために仕事ができるという意味で今後重要性が増すとされている業態になります。

     

  • パートタイム、派遣看護師としてのキャリア
  • 出産、育児期に重宝するのがパート、アルバイトでの働き方になります。子供があっという間に育つ間、家庭の方も大切にしたいという人は、こういった働き方を有効活用しながら働いていくのはとても大切なことです。

    パートタイム・派遣として働く看護師のキャリア

 

具体的な病院・クリニック等をみてみる

非公開求人を覗いてみる看護師求人【看護のお仕事】

 

看護師の年代別のキャリアの考え方と働き方って?

看護師の働く職場

看護師といっても経験1年目からベテランまでさまざまです。当然その経験によって取るべき選択肢やキャリアへの考え方もことなりますので、一律に「この年代人はこうするべき」「こうでなくてはならない」というようなことはありません。

 

それぞれ個人の経験やスキルに応じて選択するべきものではありますが、1年目で臨床を離れて訪問看護ステーションに行くなどの希望があった場合、提示できる選択肢の幅というのは、ベテランの方におすすめできる仕事とは実際異なってきます。そういった違いを含めて大まかに年代別としてまとめましたので、ご参考にしてみてください。

 

  • 20代看護師の働き方とキャリアの選択肢
  • 中堅と呼ばれ始める20代は、自分が今後どういった仕事に就きたいのか?この経験を生かしてどこで仕事をするべきか?等のキャリアの考え方と合わせて、ライフイベントを見据えた働き方の選択が非常に大切になってきます。結婚や妊娠も含めた「時期」と、自身の看護師としてのキャリアとのバランスを見据えた選択が非常に大切になってきます。

    20代の看護師の働き方とキャリア・転職についてのまとめ

     

  • 30代看護師の働き方とキャリアの選択肢
  • 30代はベテランの域に突入していくことになりますが、20代同様結婚や出産等のライフイベントだけではなく、場合によっては親の介護や面倒、あるいは同居が可能性として出てきます。こうした中で、今までの経験をど次につなげていくのか?あるいは看護師としてより高みを目指し資格を取ったり、専門職への昇華を目指していくのかという年代になってきます。

    30代の看護師の働き方とキャリア・転職についてのまとめ

 

 

看護師の就業条件(常勤・非常勤)について

看護師の働き方の方法として常勤・非常勤の2種類があります。これは、雇用条件にはなりますがそれぞれ特徴がありますので、自身の働き方について考える場合は合わせて検討していきましょう。

 

看護職の常勤職員(正社員)って?

正社員の看護師は、いわゆるフルタイムで働く就業形態のことを指します。当然、夜勤や残業もありますが、その分夜勤手当や残業手当が付き、手取りや保証も高い傾向にあります。

常勤職員の特徴

〇社会保険の加入や福利厚生アリ。給与も安定しており基本雇用期間の定めなし
〇正社員としての責任と裁量がある。キャリアアップも目指せる。
〇病院によっては「日勤のみ」の勤務も可能。

×病棟がある病院では夜勤があり、残業することも多い。
×交代勤務の場合は、生活が不規則になりやすい。

【主な職場】
・病院やクリニック
・医療関連企業や企業の産業看護師
・療養、介護施設

 

看護職の非常勤(パート)って?

非常勤(パート)の場合、時短勤務が多く残業は少ない傾向にあります。多くの場合はシフト制のため、勤務日を自分で決められる就業先も多く未就学児を抱える看護師に比較的多い就業方法になります。

非常勤職員の特徴

〇子どものことやご自身の希望に合わせて勤務可能
〇日勤のみや夜勤のみなど職場の条件に合わせて就業可能

×正社員ではないので、雇用は不安定
×雇用条件にもよるが、給与は勤務日数や勤務時間で変動するため不安定
×ボーナス等の福利厚生、有給の条件など就業条件に差がある。

【主な就業先】
・病院やクリニック
・治験関連医療機関
・保育所や幼稚園などの医務室
・介護施設の保健指導担当

 

 

看護師の転職サイトランキング

看護のお仕事

看護のお仕事
対応エリア 全国
求人数 約128000件
対応職種 一般+大学病院・一般+療養・療養型病院・精神病院・クリニック・訪問看護・介護施設・企業・保健師・警察・献血・学校・保育園・健診センター・治験コーディネーター
電話対応時間 年中無休
おすすめ度 ★★★★★

公式ページ

ナースではたらこ

ナースではたらこ

対応エリア 全国
求人数 約108000件
対応職種 一般+大学病院・一般+療養・療養型病院・精神病院・クリニック・訪問看護・介護施設・企業・保健師・警察・献血・学校・保育園・健診センター・治験コーディネーター
電話対応時間 10:00〜20:00
おすすめ度 ★★★★

公式ページ

マイナビ看護師

マイナビ看護師

対応エリア 全国
求人数 約30000件以上(非公開求人が半数を占める)
対応職種 一般+大学病院・療養病院・療養型病院・精神病院・クリニック・訪問看護・介護施設・健診センター・保育園・学校
電話対応時間 平日9:30〜20:30 土曜9:30〜17:30
おすすめ度 ★★★★

公式ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

ライフスタイル別の看護師の働き方って?ストレスのない職場と納得のいく働き方記事一覧

日払いのバイトや単発のお仕事で看護師として働く結婚・出産・育児のみならず、環境の変化やライフスタイルの大きな転換時に"一...

基本的に看護師はシフト制での働き方になるかとは思いますが、常勤でシフト制で働くのとシフトにある程度融通が利く職場での働き...

妊娠時の看護師としての働き方のまとめ「妊娠」という大イベントを前に、知っておきたいお金の話と制度については、いざご自身が...

結婚というのは大きなイベントでもあり、看護師としての働き方を考える大きなターニングポイントでもあるでしょう。家庭と仕事を...

看護師さんの給料とお金の話看護師は職場や環境にも依りますが肉体的にも精神的にも疲弊し、大変な仕事でもありますが、資格職と...

掛け持ち&ダブルワークという看護師の働き方もっと時間を有効的に使ってガッツリ働きたいという方や合間合間でやりくりしながら...