看護師のキャリアと職場環境を考える

シフトに融通が効く自由な環境で働く看護師の働き方とその特徴とメリット【まとめ】

シフトに融通の利く看護師の働き方

基本的に看護師はシフト制での働き方になるかとは思いますが、常勤でシフト制で働くのとシフトにある程度融通が利く職場での働き方となると当然ですが大分違ってきます。

 

シフトに融通が利く職場を探す場合は出産や育児等のライフスタイルの変化や、忙しい看護業務に疲れてしまった方が大半かとは思いますが、それぞれの特徴や実際に働き方について詳しく見ていきましょう。

 

 

シフトに融通が効く働き方の具体例

具体例

クリニックの非常勤:常勤で働くとなるとフルタイムで働くことが通常になりますが、非常勤であればそれぞれの生活や働きたい時間に応じて調整することが幾分可能です。時短勤務や週3回など事前に働き方の自由が利くのも非常勤の強みで、ママさんナースも多いのが特徴です。

 

訪問入浴:時代の変化と流れより自宅で療養される人も高齢化と共に多くなってきています。そういった自宅での看護や生活のケアが必要な人に対して、訪問し入浴補助をする業務としてシフトを自由にできるところが多くあるのが特徴です。

 

ホスピス・療養施設:療養施設での看護業務は、大学病院に比べると積極的な看護業務というよりかは身の回りや生活のサポートという面が大きいため働く人の調整を効かせることができるのが特徴です。

 

派遣:健康診断やクリニックの外来他、夜勤専従の仕事までを紹介してくれる派遣も働き方のひとつとして選択肢に入れておいてもいいでしょう。あらかじめ働きたい希望の日を連絡しておけば案件を紹介してくれますので、スポットで働きたいという方にとっては利用できるサービスになっています。

 

 

シフトに融通が利く職場で働くメリット

・好きな日を選んで働けるのでストレスが少ない
・ピンポイントで働くことで給料を調整しやすい
・職場の向き不向きの確認ができる
・副業でも働きやすい

 

シフトに融通が利く職場で働くデメリット

・収入の金額が安定しない
・長期就労という面では不向き
・給料面での昇給があまり見込めない

 

 

シフトに融通が効いた職場の実例と体験談

 外来で割と融通が利きながら働けています。 #30代 女性看護師
私は現在、非常勤(アルバイト)として美容クリニックで働いていますが、常勤の時と比べてシフトに融通が利くというのがまず私が感じた違いになります。もちろん、人が少なくて休めない(休みにくい)ケースというのは仕事なので当然ありますが、一般病院で働いていた時と比べても、希望が通りやすいですし、より柔軟だなと個人的には感じています。

 採血バイトで時短勤務 #30代 女性看護師
私は、まだ子供が小さいので常勤での仕事としては復職できていない状況です。ですが、家庭の足しに少しでも稼ごうと思って、バイトとして健康診断(時間が短いのでママにはおすすめ)の採血のバイトをしています。派遣という形になりますが、仕事の負担もほとんどないですし、仕事をすることで社会ともつながれる感覚があるので、ちょうどいいかなと個人的には思っています。

 夜勤専従として稼ぎつつ働き方を調整しています #20代 女性看護師
私は、職場の人間関係ですこし疲れてしまい、常勤の仕事を辞めてしましました。辞めた後、当然生活のために仕事をと思って居ましたが、またガッチリと常勤で働く前に、自分のペースで働ける環境で一度リセットしたいと思い、夜勤専従として仕事を始めました。夜勤はやっぱり給料も良いですし、仕事も完全に離れるという形ではなく看護業務を行えるので、よかったです。何より自分の働きたい日を絞って働けるので、精神的にも楽になりました。(仕事はそれなりに大変ですが、気持ちの部分で楽になりました)

 

シフトに融通が利く働き方はこんな人におすすめ

文字通り、働き方について柔軟に対応できる「シフトに融通が利く職場」ですが、やっぱりこんな人にはお勧めの職場になっています。

こんな人におすすめ

・ギッチギチのシフトにされて疲れてしまった方
・出産後や育児等で常勤で働くのが大変な人
・日によってなるべく働く時間も柔軟に決めたい人

休みが十分に取れないような職場であれば、次に考える時はゆったりと働ける場所や環境が当然良いでしょう。また、家庭と仕事も両立したいという場合、無理できない立場にあるかと思いますので、シフトにある程度融通が利く職場の方がおすすめです。

 

特に、子供がいる場合なんかはとてもじゃないですが夜勤ありの病院でフルタイムで働くのは現実的ではありません。働くことが不可能というよりかは、家族の理解や本人の覚悟がなければ育児をしながらの勤務自体が非現実的なものになります。家庭を大切にしていきたいと思っていて、現状家のことが中心になっているなら、シフトや働き方について融通の利く職場で働くのがベストでしょう。

 

 

完全にシフト(働く日)を絞って働きたいなら派遣。それ以外はパートやバイトで

アルバイトやパートでも、シフトに比較的融通が利くところがありますが、完全に自分の希望の日のみ働きたいという人は看護師の派遣求人サービスからスポットで求人や応募してみる方が確実です。派遣という形で働く場合、派遣会社に登録が必要になりますが、自分の好きな日にのみ働けるという環境が作れるので、稼ぎすぎたらマズいという看護師さんや復職前の肩慣らしという部分で取り組んでみてもいいでしょう。

 

また、そういった単発での案件というのは、緊急性が高いケースがほとんどのためハローワークや転職求人誌に載ることはあまりありません。「明日人手が足りない!」というところに「一週間後求人情報載せます」なんて話では意味がありませんから、WEBでリアルタイムで見れる求人サイトでの募集が一般的となっています。
派遣の案件はコチラ

 

一方、週に○回は安定して働きたいというという方は、非常勤としてパートやアルバイトで働く方をおすすめ致します。自分で100%シフトを自由にできるというものではありませんが、安定して仕事ができるという意味でおすすめの働き方になります。

 

ポイント

・完全にシフト自由にしたいなら派遣で
・緊急性の高い求人はWEB媒体で募集するのが主
・週○回という希望があれば非常勤でパートアルバイトがベスト

 

 

 

働き方を変えてよかった人の体験談

30代 女性看護師Nさん
私は、大学病院で新卒から6年ぐらい働いていました。制度も福利厚生も今考えるとよかったですが、勉強会や委員会それから新人教育等で忙しくて平日は、家と職場に行くだけ帰るだけという状態でした。
看護師としてのスキルや勉強をするには良い環境でしたが、平日は余裕がなくとにかく当時は精神的にも荒んでいたと思います。もちろん、どの職場でも大変な部分はあるかと思いますが「このままでは病んでしまう」と思い、クリニックに転職しました。クリニックだからといって楽という訳では決してありませんが、平日も家に帰ってからいろいろできますし、休みも調整利かせてくれるので、プライベートも充実しています。
大学病院で色々と経験や体験できたことは、今でも私の糧とはなっていますが、結婚や子育てを考えるとやっぱり、家庭も大事にしたいと思うので、結果的に転職してよかったと今は感じています。

 

ゆったりとした職場を実際の求人から探してみる

看護のお仕事

看護のお仕事
対応エリア 全国
求人数 約128000件
対応職種 一般+大学病院・一般+療養・療養型病院・精神病院・クリニック・訪問看護・介護施設・企業・保健師・警察・献血・学校・保育園・健診センター・治験コーディネーター
電話対応時間 年中無休
おすすめ度 ★★★★★

公式ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

日払い・単発のお仕事で看護師の働き方を考える【まとめ】
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
妊娠をする前あるいは発覚した時に確認しておきたい看護師さんの働き方
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
結婚したあるいはする時に確認したい看護師の働き方
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
看護師として高時給でガッツリと働く働き方とおすすめの職場【まとめ】
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
掛け持ち&ダブルワークでの看護師の働き方とポイント【まとめ】
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう