看護師の働き方

療養施設で看護師としてのキャリアと働き方について【まとめ】

療養施設で看護師として働く

療養施設での看護師の働き方というのは、大学病院や総合病院での看護業務とは少し異なっています。看護業務という括りではもちろん同じではありますが、"療養"というコトバからお分かりの通り、慢性的な病状であったり積極的な医療処置の機会が少ない患者さんや、比較的病状の安定している方への生活のサポートという面が一番の仕事内容になってきます。

 

入院している方に対してのリハビリ等についてのサポートも大切な業務になりますし、全身状態の把握から身の回りのサポートまでが業務領域になってきますので、患者さんとの近くで看護業務をガップリ四つでしていくことになります。ただし、状態自体が比較的安定している人が多いので、その点ではメンタル的な疲労・徒労感というのはすくない傾向になります。

 

療養施設での看護師の主な業務と内容

療養施設での看護師の主な業務

  • 医療措置:入院患者の全身状態のチェックやお薬の内服管理、緩和ケア領域での医療補助行為。
  • 生活のサポート:入院患者の身の回りのサポートとして、おむつ交換や食事の介助や入浴介助など、病室での日常的なケア。

入院している方たちの状態が比較的安定しているため、身の回りのサポートが多くなる傾向にあります。患者さん自体も入院期間として長くなりがちな症状の方が多いため、患者さんとの距離が近く看護業務ができるところがポイントになります。流れ作業的なものではなく、生活の場が療養施設になっている患者さんへホスピタリティ精神のもって、本来の看護師として関われるというのも特徴のひとつになってきます。

療養施設で看護師の働き方のメリット・デメリット

療養施設で働くメリット

療養施設で働く良い点

看護師としての仕事に向き合える
仕事と家庭を両立もできる(残業が少ない)
キャリアも積める

患者さんとの距離が近く、看護師としてのホスピタリティ精神や人対人という部分で楽しみを感じられる部分があるのが特徴でもありますし、状態も安定している人が多いのでわりとゆったりと仕事に取り組めるとうのもメリットのひとつです。そのため、出産や育児からの復帰の職場としても人気の働き方になっています。

 

先端医療や現場の最前線である大学病院や総合病院と比べると積極的な医療措置はありませんが、それでも看護師としてのスキルを落とさずに広く患者さんの状態を見て、判断し行動できるという部分ではキャリアを落とさずに経験を積める職場になっています。

 

療養施設でデメリット

療養施設で働くよくない点

やりがいを感じにくいケースも
受け持ち患者さんの数が多いケースも
体力がいる職場であるケースも

患者さんとの距離が近くその点でやりがいを持てるという側面はあるものの、入院している人が慢性的な症状であるケースも多いため、病後の経過を日に日に感じられるか?という部分では分かりにくく、やりがいを感じにくいケースも中にはあります。また、安定している症状が多いからこそ、施設によっては看護師一人当たりの受け持ち患者数が多いケースもあったりします。

 

また、介護や介助が必要な患者さんが多い施設では、身の回りのお世話という意味で力仕事や体力勝負の場面も時にはありますので、ゆったりしてる職場ではあるものの、身体的に大変な部分も持ち合わせています。

 

療養施設での看護師の働き方のポイント

療養施設では、介護や介助といった部分での業務が多くなりがちですが、別途介護士の在籍状況や仕事の棲み分け等は、事前に確認できるようであれば、確認しておきましょう。介護士が多ければ、看護師の業務の負担も少ない場合もありますので、転職や求人を探す際には、そういった部分でもその施設や職場の状況というのを確認できるといいでしょう。

 

ポイント
・看護師、介護士の棲み分けをチェック
・介護士数がわかるなら事前にチェック

 

療養施設で看護師として働く人の生の声

私は、総合病院で8年ほど働いたあと療養施設で働き始めました。当時の職場よりももっと楽なところという希望で転職しており、「楽そうだ」という理由で療養施設で働く形になりました。実際働いてみると、体力的にも大変で力仕事だなーと感じる部分が結構あり、全然楽ではなかったですが、それでも大学病院で働いていたころに比べると、精神的に落ち着けているのでよかったと個人的には思っています。
毎日会う患者さんとコミュニケーションをとるのも楽しいですし、何より患者さんの状態を毎日みているので誰よりも患者さんの状態が詳しい・知っている。という部分で仕事もしやすいですし、より楽しく仕事ができていると感じています。
結局どの職場でも「楽」なんてことはないと個人的には思っていますので、どの部分を優先するのか?という面で考えてみるのかというのが看護師の働き方においては大切なのかなと思っています。

 

気になる療養施設での働き方への疑問・質問【Q&A】

 

Q、看護師としてのキャリアって積める?
最先端の医療措置への経験やキャリアという意味では物足りない部分もありますが、基本的な看護業務という意味ではしっかりとスキルも維持でき、取り組める職場になっています。

 

Q、比較的楽っていうのは本当?
楽ではありません。身の回りのサポートや介護・介助も大切な業務になりますので、体力勝負な部分もあります。ただし、急性期にくらべ状態が安定している人が多いので、メンタル面でも疲弊や徒労感というのは少ないかもしれません。

 

Q、子供産んでからも働ける?
実際、療養施設で働く方は出産後や育児中の方の復職、復帰が多い働き方のひとつでもあります。そういう意味では、働く選択肢としても考慮していいキャリアの積み方になるかと思います。

 

療養施設の看護師の求人を見てみる

看護のお仕事

看護のお仕事
対応エリア 全国
求人数 約128000件
対応職種 一般+大学病院・一般+療養・療養型病院・精神病院・クリニック・訪問看護・介護施設・企業・保健師・警察・献血・学校・保育園・健診センター・治験コーディネーター
電話対応時間 年中無休
おすすめ度 ★★★★★

公式ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

大学病院で看護師としてのキャリアと働き方について【まとめ】
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
クリニック(診療所)で看護師としてのキャリアと働き方について【まとめ】
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
企業・産業看護師としてのキャリアと働き方について【まとめ】
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
アルバイトやパートでの看護師の働き方について【まとめ】
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
看護師として今後を見直す病院以外での働き方とキャリア
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
リーダー業務がツライ・イヤな看護師さん向けの働き方
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
看護師のお給料の平均と都道府県別の平均年齢や平均勤続年数について
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
看護師のキャリアを相談する機会・方法と働き方について
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
20代の看護師の働き方とキャリア・転職についてのまとめ
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
30代の看護師の働き方とキャリア・転職についてのまとめ
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう