看護師の働き方

企業・産業看護師としてのキャリアと働き方について【まとめ】

産業・企業看護師として働く看護師のキャリア

産業・企業看護師というと、あまりピンとこない方も多いかもしれませんが、企業や会社で働く方の健康のサポート並びに健康診断業務が主な仕事になってきます。企業看護師を採用している会社というのは、限られているという側面はあるものの、その会社で働く人と同じ扱い(就業時間から就業規則)というのが基本になっていますので、土日が休みの会社であれば、企業看護師として入社しても同じ扱いというのが一般的です。

 

ただし、健康診断に掛かる期間というのは会社の実施日によって拘束される可能性があるので、その点だけその会社の内部で働く方と違う扱いになることがあります。

 

産業・企業看護師としての主な業務と内容

産業・企業看護師の主な業務

  • 企業の就労者の健康診断業務:会社規定による健康診断における看護業務、診断補助業務が仕事内容のひとつとなっています。
  • 健康相談、サポート:その企業や産業で働く方の健康相談と、持病を抱える就労者のサポート業務

先端医療、積極的医療補助業務といったような業務はなく、あくまでその企業や会社で働いている方々の健康面のサポートや補助業務というのが、主な仕事内容になっています。看護師なので、当然医療に掛かる診断、治療行為等はできませんが、メンタルケアやサポートといった形で、その会社に貢献していくような形になっています。

 

企業看護師の働き方のメリット・デメリット

企業看護師として働くメリット

産業看護師、企業看護師として働く良い点(メリット)についてみていきましょう。主たるメリットについては下記についてになるかと思います。

産業・企業で働く良い点

会社員同様、土日休み
夜勤ナシ(会社の勤務時間と同じで日勤のみ)
健康相談等の働く人の環境やメンタルケアのサポート

大学病院や総合病院での勤務と比較すると、勤務体系や休みについては柔軟性のある職場といえるでしょう。会社がお休みであれば当然休みなので、お友達との予定も合わせやすいというのもメリットのひとつでしょう。

 

積極的な医療補助行為もなく、会社で働く人たちのサポートがメインになっていますので相手との距離を近くに感じながら仕事ができるというのも産業看護師の魅力のひとつかもしれません。

 

 

産業・企業看護師として働くデメリット

一方の産業看護師、企業看護師としてのデメリットについては、大きなトピックとしては下記になるかと思います。

産業・企業で働よくない点

医療の"現場"と比べ看護師としてのキャリアを積めない
復帰、復職時に比較的大変なケースも
絶対数が少ない

問題となる部分というのは「現場」から離れてしまうことという部分になるでしょう。文字通り医療の最前線である現場での業務ではなくなるため、現場の看護師としてのスキルアップや経験というものが積みにくくなってしまうのがデメリットのひとつになってくるでしょう。

 

現場での経験は十分積んだ。結婚や出産、環境の変化の中で『産業看護師、企業看護師』という選択を考えているという人であれば、当然話は別ですが看護師のキャリアやスキルアップを考えている方は、慎重に考える必要があるかもしれません。

 

また、産業看護師を採用している機関や企業というのは、当然限られてきますので、空いているポストの数というのもひとつ考慮しておかなければならない点です。

 

 

企業看護師として働く人の生の声

 

私は、大学病院、総合病院で数年働いた後に産業・企業看護師の求人に応募し、産業・企業看護師になりました。看護師として現場では、曲りなりにも経験を積んだという意識はありましたし、結婚を控えていたため企業看護師という働き方を模索し始めました。
たまたま運よく、空いているポストでの求人があったので応募し、晴れて採用のご連絡を頂き今に至るのですが、現在の仕事内容と環境には後悔はありません。
「看護師という専門職」という視点で見ると、少し物足りなさを感じる時期もありましたが、「会社組織で働く」という意味では、会社規定の休みと就業規則が同じ条件のもと働いている形になっていますので、今はこれが当たり前の気がしています。
夜勤がない分収入面でも落ちましたが、精神面や肉体面でもバランスが取れている環境にあるので、結婚や出産等で大きく環境が変わる人にとっては、選択肢のひとつとして考慮に入れてもいいのかなと個人的には思っています。

 

 

気になる産業・企業看護師に関する疑問・質問【Q&A】

 

Q、看護師としてのキャリアって積める?
「現場の最前線でスキルアップ」という面では、現場ではなくなるので積めません。ただし、健康相談・サポートという面で働いている方たちをサポートできるスキルは身につくでしょう。

 

Q、比較的楽っていうのは本当?
会社や組織の規定に依るので、一概には言えませんが「夜勤」がないのも大きな特徴です。夜勤ありの病院等に比べると体への負担は少なくなるかもしれません。

 

Q、子供産んでからも働ける?
出産後も当然働けます。ただし、一般病院やクリニック等に比べ産業・企業看護師制度を採用しているところ自体がそもそも限られてきますので、空いているポストや求人で探すことになるかと思います。

 

産業・企業看護師の求人を見てみる

看護のお仕事

看護のお仕事
対応エリア 全国
求人数 約128000件
対応職種 一般+大学病院・一般+療養・療養型病院・精神病院・クリニック・訪問看護・介護施設・企業・保健師・警察・献血・学校・保育園・健診センター・治験コーディネーター
電話対応時間 年中無休
おすすめ度 ★★★★★

公式ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

大学病院で看護師としてのキャリアと働き方について【まとめ】
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
クリニック(診療所)で看護師としてのキャリアと働き方について【まとめ】
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
療養施設で看護師としてのキャリアと働き方について【まとめ】
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
アルバイトやパートでの看護師の働き方について【まとめ】
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
看護師として今後を見直す病院以外での働き方とキャリア
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
リーダー業務がツライ・イヤな看護師さん向けの働き方
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
看護師のお給料の平均と都道府県別の平均年齢や平均勤続年数について
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
看護師のキャリアを相談する機会・方法と働き方について
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
20代の看護師の働き方とキャリア・転職についてのまとめ
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう
30代の看護師の働き方とキャリア・転職についてのまとめ
看護師の働き方の総合サイト。看護師の職場環境や都道府県別のデータ、ライフスタイル等を元に自分にあった職場を見つけるための参考にしてみてください。情報を元に最適な職場を見つけよう