看護師のキャリアと職場環境を考える

看護師の働き方と職場環境を知ることで仕事・転職を考えよう

看護の働き方を考える3つのポイント

看護師の働き方を改めて考える必要性

一日の中で多くの時間を費やす仕事に対しての意識や働き方というのは非常に大切であり、重労働である看護職へのアプローチも非常に重要になってきます。

 

ライフイベントとしての結婚や出産、あるいは地元へ帰る。など、環境が変わるときには特に、働き方についてはしっかりと考え、職場を決める必要があるでしょう。

 

ライフスタイルの変化と環境の変化

ライフスタイルに合わせた看護師さんの働き方

女性、男性問わず、自分の環境の変化とそれに伴う心身への影響というのは、非常にセンシティブな問題です。特に、拘束時間が長い職場であったり、人間関係でうまくいってないケースなどは、生活に直結する問題でもありますので、働き方を考えるうえでは慎重に考えなければなりません。

 

出産子育て

出産子育てする看護師さんの働き方

出産や子育て中の看護師の方にあっては、真剣に働き方について考えなければなりません。お子さんにとって大切な時間と時期だからこそ、拘束時間や待遇、処遇については事前にチェックする必要があり、それが可能な職場を選ぶべきでしょう。

 

どういった職場あるいは働き方が良いのか?

 

それぞれの家庭と各々の状況というのがありますので、一概にこれが良いというものではありませんが、条件から絞っていくことをおすすめ致します。働くママであればどこを重視するのか?という視点で働き方を考えてみましょう。

 

 

結婚する予定&した後

結婚した後、するときの看護師さんの働き方

結婚前や結婚した後というのも、働き方を考えるきっかけになるかと思います。生活環境の変化や引っ越し、家事など今までの分よりも家庭での負担が増える可能性もあります。

 

また、結婚後の生活を考える上でも自分がどういった比重で仕事と家庭を考えていきたいのか?など、自分の働き方を考えるいい機会でもありますので、改めて見つめなおしてもいいでしょう。

働き方を選ぶ

・体の負担を考えてゆっくり働く
・家庭も大切に時短で働く
・引っ越し先、実家近くで働く

 

生活にゆとりを持ちたい

日勤夜勤の繰り返しで体への負担も大きい看護職だからこそ、日々の生活にゆとりをもって取り組みたいと考える人も少なくないはずです

 

少し自分の生活や環境を見直して改めて働き方を考えたいという人は、自分にとってのプライオリティ(優先事項)を決めて働き方を今一度見直すことも必要でしょう。

働き方を選ぶ

・夜勤がないところで働く
・より患者さんと近くで働きたい
・ツアーナースや海外での可能性を考えたい

 

キャリアを考えて働き方を考える

看護師さんのキャリアと働き方

看護師といっても、キャリアの積み方やどの道へ進むかは様々です。病棟内での科によっても違いますし、働く場所としての大学病院やクリニック、療養施設等の進む道というのは、本当にさまざまな道があります。

 

現状の働き方について、しっかりと向き合うのであるならばまずは、どういった働き方がしたいのか?あるいはどういった場所で働きたいのか?という視点で選んでいくのもいいでしょう。

 

看護師の働く場所や方法で選んでみる

看護師としてのキャリアを考える

  • 大学病院でのキャリア:先端医療、総合医療現場としての多様なキャリア形成が可能な総合病院勤務は、がっつりと看護業務を学びたいという人におすすめの就業先となります。
  • 診療所・クリニックでのキャリア:自宅の近所での勤務、看護師としての仕事と家庭の両立を考えるなら選択肢として考えたい診療所・クリニックでの業務。それぞれの職場の雰囲気やルールといったものが異なりますが、両立を考えるなら探してみるのもGOOD
  • 療養看護でのキャリア:ターミナル期や自宅療養、老人ホーム等で患者さんと距離を近く感じながら看護業務に取り組みたい。"看護"のあるべき姿を考えているという方は、選択肢として考えてみるのもいいでしょう。
  • 企業・産業看護師でのキャリア:会社員としてその企業で働きたいという方。一般的な看護師としてではなく、その企業で働く人のサポートをしてみたいという人、一般的なOLのような生活がしたいという方は頭に入れておきたい働き方のひとつになります。
  • 訪問看護でのキャリア:人対人の看護という意味では、より看護師としてのホスピタリティが大切な業務。訪問する大変さはありますが、より患者さんのためやその家族のために仕事ができるという意味で今後重要性が増すとされている業態になります。
  • パートタイム、派遣看護師としてのキャリア:出産、育児期に重宝するのがパート、アルバイトでの働き方になります。子供があっという間に育つ間、家庭の方も大切にしたいという人は、こういった働き方を有効活用しながら働いていくのはとても大切なことです。

 

都道府県別の働く環境

都道府県別の看護師さんの働き方

北海道地方 北海道  
東北地方 青森 岩手 宮城 秋田 山形 福島  
関東地方 東京 茨城 栃木 群馬 埼玉 千葉 神奈川  
中部地方 新潟 富山 石川 福井 山梨 長野 岐阜 静岡 愛知
近畿地方 京都 大阪 三重 滋賀 兵庫 奈良 和歌山  
中国地方 鳥取 島根 岡山 広島 山口  
四国地方 徳島 香川 愛媛 高知  
九州地方 福岡 佐賀 長崎 大分 熊本 宮崎 鹿児島 沖縄  

 

転職を考えるポイントと働き方を整理して考える

看護師に限らず、転職に伴う動機や移る理由というのは、しっかりと考える必要があります。ここの部分がしっかりしていないと、次に移ったところでも数年後に「転職したい」と繰り返してしまうことになってしまうでしょう。

 

そういった繰り返しにならないように、"今"働き方についてしっかり考えて、次の転職で自分の希望となるような職場で働くように進めていきましょう。

 

@働く上での優先事項を決める

まず、転職を考える上で大切なのは、どこにプライオリティ(優先事項)を置くか?という部分になります。この優先事項というのは、言い換えれば「何がしたいのか?」「どこがいいのか?」という確認でもあります。
たとえば

・給料が高いところが良い
・ゆったりと働けるところがいい
・夜勤がないところが良い
・シフトに融通が利くところがいい
・本当のケアという意味での看護師として働きたい
etc...

 

自分が看護師として目指すところ、あるいは家族や生活の中でとりあえず、優先したいことを明確にすることで、次で働く場所のイメージが湧いてくるでしょう。こういった根本的に自分が大切にしたいところをまずは考えてみることをおすすめ致します。

 

A転職相談、実際に求人を探して調査

自分の看護師としての優先事項が決まったら、次は具体的に条件や病院等について具体的に詰めていきましょう。基本的に、求人情報や職場、条件等で探すことになるかとは思いますが、一旦転職の相談に行ってみることをおすすめ致します。

 

病院内部についても情報を持っていたり、適切なアドバイスをもらえるケースがありますので、有効活用していきましょう。最終的に決めるのはご自身の判断になりますので、相談半分話半分に聞いて、自分の中で総合的に判断するのが一番いいでしょう。

 

ポイント
・転職相談は使ってみて総合的に判断
・条件については、事前に重点的にチェック

 

転職する際のポイントまとめ

ポイント
@優先事項を決めておく
A働き方について具体的にイメージを持つ
B転職相談や内部事情を聞けるようならすかさずチェック

 

 

看護師の働き方を考えるための転職ランキング

看護のお仕事

看護のお仕事

対応エリア 全国
求人数 約128000件
対応職種 一般+大学病院・一般+療養・療養型病院・精神病院・クリニック・訪問看護・介護施設・企業・保健師・警察・献血・学校・保育園・健診センター・治験コーディネーター
電話対応時間 年中無休
おすすめ度 ★★★★★

公式ページ

 

ナースではたらこ

ナースではたらこ

対応エリア 全国
求人数 約108000件
対応職種 一般+大学病院・一般+療養・療養型病院・精神病院・クリニック・訪問看護・介護施設・企業・保健師・警察・献血・学校・保育園・健診センター・治験コーディネーター
電話対応時間 10:00〜20:00
おすすめ度 ★★★★

公式ページ

 

マイナビ看護師

マイナビ看護師

対応エリア 全国
求人数 約30000件以上(非公開求人が半数を占める)
対応職種 一般+大学病院・療養病院・療養型病院・精神病院・クリニック・訪問看護・介護施設・健診センター・保育園・学校
電話対応時間 平日9:30〜20:30

土曜9:30〜17:30

おすすめ度 ★★★★

公式ページ

 

このエントリーをはてなブックマークに追加